サラリーマンの年収と総量規制の関係について

アルバイトやパート勤務の方でカードローンを利用する方が多いですが、サラリーマンの方の利用も増えています。
サラリーマンの方のカードローンの申込みでは、自動車の購入や住宅のリフォームといった高額融資に利用していますので、総量規制の基本について理解しておく必要があります。
総量規制は、貸金業法による規制で、融資の上限額を法律によって決めたものです。
必要な金額が借りれないこともありますので、必要に応じて総量規制対象外カードローンを選んでください。

 

サラリーマンの年収と総量規制の関係について

 

まず、総量規制は、貸金業者による過剰な貸付を防止するため、融資の上限額を「年収の3分の1まで」に制限するというものです。
たとえば、年収300万円のサラリーマンの場合なら、融資が受けられるの100万円までとなります。
これは、業者1社あたり100万円まで借りられる、というものではなく、すべての業者からの融資の合計額が100万円までという意味です。
そのため、自動車の購入などの高額融資が必要なときは、自分の年収の3分の1を超えるかどうかの確認が必要になるということです。

 

総量規制があるカードローンとは?

 

ただし、総量規制は、すべての業者を規制するものではありませんので、必要に応じて総量規制対象外カードローンを選ぶこともできます。
貸金業法は、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などを規制するもので、銀行や信用金庫を規制するものではありません。
つまり、年収の3分の1を超える融資を受けたいサラリーマンは、消費者金融ではなく、銀行カードローンを選ぶは良いということになります。

 

サラリーマンでもお得に借りれる総量規制対象外カードローンとは?

 

お金を借りるのは簡単ですが、借りたお金を毎月返済していくことになりますので、少しでも有利な条件で借りるのがおすすめです。
総量規制対象外カードローンでお得に借りたいときは、新生銀行カードローンのレイクを選んでみてはいかがでしょうか。
新生銀行レイクには、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」の2つの無利息があり、いずれか有利な方の無利息が選べるようになっています。
希望する金額によって有利になる無利息が異なっていますが、希望額が多いほど「30日間無利息」がお得になります。
どちらがお得になるかは、レイクのサイトで確認できますので、アクセスしてみてはいかがでしょうか。

check勤務先への電話なしで借入したい方必見!

PC


勤務先への在籍確認を電話連絡なしで借入ができるのをご存知ですか?
郵送物がなかったりと周りにバレたくない方にピッタリのカードローンが見つかります!



電話連絡・郵送物なしで借入可能!arrow勤め先にバレないカードローン!